中秋の名月を眺めながらちゃみ蔵からコスモ神起を堀り出す。

 2013-09-20
みなさまおはようございます。

今日もお訪ねいただきありがとうございます。

昨夜のお月さんは綺麗でしたね。

めったに月を観てみようなんて思うこともなかったですが

今年月は満月ですよ~って一日何回もテレビで流れるものだから・・・・

どれどれ~そんなにおすすめされるならちゃみっと観てみようと外に出たら

それはそれは~雲ひとつない空にまん丸な月がぽっかり浮かんでいました。

時間は違えども二人もどこかでこのまん丸な月を眺めているのかなぁ~なんて。。。。

ちゃみは~こっちかぁ~~名月より団子(笑)

名月よりダンコ


いつの間にかあの暑かった季節も虫の声が聞こえる季節に移っていますね。

東方界も昨夜の名月の空のようにひっそり静かですね。^_^;

ここを始めてからもうすぐ3年少しお蔵のお掃除をと思って片付けていたら

しまったままの物を発見!!サジンは見覚えがあるでしょ?

ちょうど一年前この雑誌のインタビューが今読んでもとてもいいんですよ。

なんでこれがお蔵に入ったままだったのか?

覚えているよ~という方も初めてです~という方も読んでみてね。






2012年8月19日(未公開)


2004年のデビュー以来、K-POPブームを導いて、常に共にしてきた東方神起の
ユノ·ユンホとマックス・チャンミン。いつのまにか彼らはスーツを着てカメラの前に立てば、
古典映画の主人公のように魅力的な男に変わっていました。


226146_464803756886639_743295947_n.jpg
640955725.jpg



50年代の俳優に扮して撮影した感想はどうですか?

ユノ: 久しぶりに撮影したので、最初少し緊張しました。
でも、撮ってみたら面白かったです。 50年代の俳優になって似合っているかなぁと思いました。
ところでちょっと控え目ですね。ハハ。

チャンミン: 本当に男の中の男を見せなければならなかったが、
年をとったせいか、そんな姿が自然に出てくるようで満足しました。

いつも撮りたい写真のコンセプトはあるのですか?

ユノ: はい。元来、想像力が豊かな方だから....今回のようにカッコ良い男性も良いですが、
自由な感じを込めて見たいです。動物たちと撮ったり。
サイボーグっぽくするのも意外にキャッチーだと思います。

チャンミン: 僕は、日常的な姿をカッコ良く撮りたいです。
海外で有名な舞台を見る姿やお酒を飲む姿のようなもの、自然に撮るのです。
もちろん素敵にです。完璧に着飾ってポーズをとるよりも、
日常的な姿を現せれば良いと思います。

ユノ: その通りです。一人の人間の喜怒哀楽?状況と環境に合わせて
衣装もみな違うように着て表現するのです。服を何十着も着替えて、
少し時間がかかりますが、必ず一度してみたいですね。

もう来年はデビュー10年目だから、それを記念して撮影すれば良いです。
もしかしたら準備するものがありますか?

ユノ: ファンと一緒にイベントをやってみたいです。
昔はカッコ良い姿だけを見せたから、今度は楽しむ姿を見せたいですね。
もちろん、元の僕らのスタイルの通り、パフォーマンスとライブイベントをしますが、
皆が楽しむことができたらと思います。

10年目の東方神起は、アジアを越えて世界の関心を集めるグループになるでしょう。
日本では最近、新しく出したシングルで累計販売310万枚という記録を打ち立てたと聞きました。
伝説的な記録を立てた気持ちはどうです?


ユノ: ちょっと不思議な気持ちです。そして分かりきった言葉のようですが、
心からありがとうございます。多くの人々が関​​心を持ってくれたということは
アーティストとして非常に嬉しいことですから。このような記録は、
東方神起のメンバーとして本当に熱心に努力して成し遂げた結果だと思います。
僕は自分の仕事に限り、客観的に眺めようと努力する方です。
芸能界で長く仕事をしていると、融通のない人になりやすいんですよ。
そして今の東方神起は、僕一人で成し遂げたのではないですからね。
僕らはまだ進行形だから、より多くのことを成し遂げることができ、
より素晴らしい姿をたくさん見せることができるだろうというドキドキ感があります。

チャンミン:僕ももちろん不思議な気持ちです。
日本のレコード市場内での話ですが、世界的なアーティストたちと一緒に比較されて
記事になるのはとても嬉しいことです。でも、比較されるカーペンターズのような
アーティストが当時の大衆に及ぼした影響を考えると、今とは違うと思います。
記録だけ破ったからと言って、その方たちと簡単に比べることができるとは思わないですね。
それでも今後も記録を更新して、後日、別の歌手が、その記録を破るたびに
僕たちの名前が挙がったら嬉しいです。

アジアを越えてヨーロッパでも人気が高いという事実に驚きます。
特にヨーロッパでの人気は新鮮なようです。一般的にヨーロッパの女性たちは、
東洋の男性に好感があまりないでしょう。
彼女らが東方神起のどんな点に魅力を感じるのでしょうか?


チャンミン: 今でも大衆的に多くの女性たちが好きなのではありません。
冷静に話せば、韓国の文化とK-POPが好きな韓国文化のマニアがいるのでしょう。
それが少しずつ広がっているということです。昔は東洋人が西洋文化に熱狂しましたが、
今は西洋人が東洋文化に関心を持ち、その影響力が広がっています。
我が国の音楽やダンス、ビジュアルを知らせる機会が多くなり、ある程度の競争力を
備えるようになると、好きな人も増えるようです。
舞台で努力する僕らの姿が認められるのは嬉しいことです。

大衆が考える東方神起、そして自分自身のイメージを客観的に把握しているようです。
それでも、自分の実際のイメージと最も違うと思う部分はありますか?


ユノ: 最近おもしろい事実を知りました。以前、人々が僕を強いイメージでだけ
考えていると思っていました。僕には少年のような姿もあるんですよ。
ところが、このような姿もみんな知っていました。思ったよりソフトなイメージで見ているのです。
温かな隣りのお兄さんのような?だから大衆とより近くなった感じです。
以前はこのような姿を見えないと思って隠したとすれば、最近は
「これがより良いのではないか」という気がします。
舞台と普段の姿のギャップが大きいのはむしろ長所でしょう。
意図しない新たな姿を見せることができますから。
意図的にすると、かえってよく出てこないですね。

チャンミン: 僕は、僕について定義して断定することができません。
恥ずかしいです。何を話すべきかよく分からないです。

ユノ: 僕もよく分からないです。クエスチョンマークです。それがチャンミンの魅力でしょう。

チャンミン: ところで先日、僕が以前に写真に撮られた服装のまま、
また写真に撮られたところ、ファン達が 「あ、あの時着ていた服ですね。
お兄さん、なぜ全く同じのをまた着るの?」というコメントを見ました。
同じように着るのを確実に意識したのではなかったから、「どうしてそう思うのだろう?」と
疑問に感じました。チャンミンという人は、どこへ行こうが、
他の服を着るだろうと思うことを知ることになりましたが、それがちょっと新鮮でした。

キャリアで見れば、同い年や同じ年頃に比べて大成功を収めたのではないですか。
後で自分の20代を振り返った時、最も記憶に残る瞬間はいつですか?


チャンミン: いつも同じ舞台のことを思い出します。デビュー後3~4年頃でしたが、
日本で東方神起を知らせるために小さな舞台で一生懸命歌っが時期でした。
どんな舞台だったのか正確に覚えていませんが、歌を歌いながら
「僕は、舞台の上で歌うのが本当に好きなんだ。面白い 」と思いました。
本当に大変な時だったんですよ。
幼い時、大変ならば不満を言うのが今よりも簡単だったはずなのに、
正にその瞬間「面白い」「良い」「楽しい」という気持ちになり喜びが感じられました。
今でも思い出す瞬間です。

ユン: 僕の場合、どうしても最初芸能界に入った時を一番思い出します。
その時、別の選択をしたならば、完全に別の道に進んだでしょう。
チョン·ユンホの20代は黄金期でした。情熱が溢れたし、その情熱を仕事にみな表出して
昇華させようとしました。これからは楽しみますよ。20代は経験がないから、
前だけ見て走らなければならない部分が多かったから、もう30代を準備しますよ。
本当の人生は30代からだから。

後に、各自ソロアルバムを出すならば、どんな姿を見せたいですか?
考えてみたことがありますか?


ユノ: 以前、ソロ活動を考えたことがあります。さらにチャンミンのことも。
この子がわかってするでしょうが、一人でちょっと想像します。
想像が趣味なのです。ハハ。チャンミンと僕は完全に別の色だと思います。
性格から出る差で、僕が尊敬するアーティスト、マイケル·ジャクソンのように
強いインパクトを与えたいです。マイケル·ジャクソンぐらい歌謡界に一線を引くほどの。
重力を無視したダンスとかですね。
東方神起の中ではビートが強いダンスをたくさん踊ったでしょう? 
それがちょっと暗いセクシーと言うならば、実は僕は、明るいセクシーの方がより良いんです。
コンサートで時々お見せすることはあり、それが僕のもう一つの姿です。
個人的には、チャンミンはロックをしたらいいですね。ただのロックではなく、
パフォーマンスを添えたミュージカル的なロックもよく似合いそうです。
マイケル·ジャクソンの映画「ムーンウォーク」を見ると、ストーリーがあります。
移動しながら一人ずつ従って踊る。ところで、そのようなダンスが、
最近は少なくなりました。今誰かがやれば、良いタイミングではないかと思います。

チャンミン: アルバムならば、色々なジャンルをすべて入れたいです。
R&Bとバラードも入れて、アコースティックな歌も入れます。
レア·ソウルのような穏やかなリズムもです。ユノ兄さんが話したことは、
もっと熱心に勉強してみたいです。

最近、チャンミンさんはギターを習っていると言いますね。

チャンミン: 今年から関心が生じたが、とてもおもしろいんですよ。
ギターを習ったら、ベースにも挑戦したいです。

ユノさんは料理が上手だと聞きましたが、ひょっとして習っていますか?

ユノ: 本当にできません。ただいたずらで、日本のファンミーティングで、
子供の頃、シェフと呼ばれたと言ったら記事にされました。
しかし、そのファンミーティングをきっかけに料理に興味を持ったのは事実です。
両親が元来、料理がお上手なのです。全羅道の方ですから。
そして僕が作れる料理は、たった一つしかありません。参鶏湯!
料理は、後で機会があれば習いたいです。料理上手な夫は、理想的じゃないですか?ハハ。

優しいタイプですね。二人とも優しい方でしょう?

ユノ: よく分かりません。僕は、ある人には優しくて、ある人には悪い男のようです。
あやふやです。よくしようと努力はします。基本的に。
でもちょっと生半可なんです。それが間違って表れると悪く見えることもありました。

チャンミン: 僕は優しいように努力します。連絡もよくしようとします。
ところで友人のような関係がより良いです。なんだかんだと言う。

理想のタイプは変わりないですか?ユノさんはチョン·ジヒョン、
チャンミンさんは竹内結子?


ユノ: チョン·ジヒョンさんのファンであることはその通りです。
実は僕の理想は「猟奇的な彼女」のキャラクターでした。ところが最近変わりました。
ある瞬間、僕を信じてくれる女性の方が良くなりました。
そのような信頼があれば、残りはいずれにせよ大丈夫じゃないかと思います。
そのかわり性格は明るくなければなりません。

チャンミン: 久しぶりに会おうが、よく会おうが、互いに情熱的なのが良いが、
この頃は安らかな関係が良いです。

互いにこのように違いますが、結局、東方神起で繋がれているのでしょう? 
東方神起が進んでいきたい、目指すところはありますか?


ユノ: 時間がたくさん経っても、東方神起の音楽が永遠だったらいいですね。
人々に、東方神起は努力して、新しさを追求したチームだと認識されたらと思います。
時々ファンの手紙を読みますが、僕らの音楽を聴いて元気になった、
夢ができた、目標が東方神起だ、という言葉が一番心に沁みます。

今後は責任感があるべきだという気がします。

チャンミン: 人気は上がる時もあれば下落する時もあります。
しかし、それとは別で、東方神起が見せる音楽と舞台、コンテンツの質は、
絶対に後退しなければ良い
です。



o0600090012138442951.jpg


一年経とうが何年経とうがきっとこの二人はこれからも自分の発した言葉に責任を持ち

気負うことも無理に飾ることもなく一歩ずつ前へ前へ進んで行くに違いないね。

この一年で二人の進化を私達はこの目でこの耳で見て、聞いて心に焼き付けてきたんだからね。

あぁ~懐かしいちゃみの初披露のギターもあの危なっかしいゆのの包丁さばきも・・・・。

o0404036212061568046.png



今年はどんな楽しい時間が待っているのでしょうね。

まん丸お月様に願いを込めて・・・どうぞ今年も二人に会えますように!!(^_^)/~




ちゃみっと月がきれいだったね可爱
  皆様の愛をポチっとお頼みいたしますぅ~!



スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析
タグ :
コメント
さ*こさんこんばんは。
返事が遅くなってすみません。
大きくて綺麗なお月様でしたね。
いつもは何となく見ているだけですがしっかり見上げて観ました。
雲ひとつなくぽっかり浮いて綺麗で心が洗われた気がします。
ちゃみもビールでも飲みながら見上げたのではないかと。。。。(^_^)v
バラエテイー参加からちゃみの表情が豊かになりましたね。
世代を超えたいろいろ方との出会いはちゃみにとって財産になっていくでしょう。
賢いちゃみだもの色んな経験を無駄にすることなく
ますます素敵なナムジャに成長していくことでしょうね。
しっかりそれを見届けないとね(*^_^*)
一緒に見届けましょうね(^_^)/~
それにしてもお家に出られる一般の方の実力は凄いね!
勝てる競技があるのかしら"^_^" 応援にも力が入ります。
【2013/09/23 20:41】 | corochami #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/09/20 18:02】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://daiki305.blog137.fc2.com/tb.php/1647-b774df4d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫