優しいの塊のちゃみ~みんなの思いは一つ、スリスリ~ゆの早く良くなってね。

 2014-03-13
みなさん~おはようございます。

昨日突然飛び込んできたゆのが練習中に足首の靭帯を痛めたという話には本当に驚きましたね。

活動休止の文字だけが踊ってどこをどう痛めたのかどれくらいの症状なのかも

わからなくて心配だったけど昨夜のゆの松葉つえの痛々しい姿ではあったけど

すぐに元気な姿が見れてひとまず胸をなでおろすことができました。

でもきっと痛いのだろうと。。。。笑顔もいつものゆのじゃないし頑張って見せてくれている気がします。

練習場にちゃみが一緒にいたのかはわからないけどちゃみも驚いたことでしょう。

16日に放送されるSBS『人気歌謡』で

スリスリの活動が終わってしまうのは残念だけどもう十分過ぎるくらい

二人は素敵な姿を見せてくれましたよね。休む間もなく本当に頑張ってくれました。

痛い思いをしたゆのにはここでゆっくり休んでもらって

きっと今、悔しさの中で湧き上がるエネルギーをちゃみと共にしっかりため込んでもらい

元気な姿で現れた時にはステージの上でゆのの真骨頂をドカ~ンと爆発させもらいましょうね。

ピンチもチャンスに変えて今までも乗り越えてきた二人ですから大丈夫です。

また、こんな時にこそ見えないものが見えるってもんです。

人の本当の優しさや生まれ持った本質ってこういう時に自然と現われるものです。

言葉では言い現せられないゆのとちゃみの目には見えない二人の関係値。

私たちはこんな時にもゆのを心配しながらやっぱり二人に癒されるんだからね。

本当に二人からはもらってばっかしです。このお返しはツアーで何倍にもね。






ユンホ右足靭帯が怪我した
eb73553d269759ee6e92ad7cb0fb43166f22dfd5.jpgチャンミンは優しいって言うけど優しさの塊だ
チャンミンは優しいって言うけど優しさの塊だ1松葉づえ
チャンミンは優しいって言うけど優しさの塊だ3松葉杖
チャンミンは優しいって言うけど優しさの塊だ2
 僕がいる。ユノが本当に弱ってる時はマネでもダメでチャンミンしか側に近寄らせないって聞いたのを思い出したわ


*ラジオが始まって ユンホの状態を心配する会話の中でずっと
ふふふて 変な笑い声を出していたチャンミン
 DJさんがどうしたんですかて言われて 笑う事では無いですが 入る時のヒョンの後ろ姿が
 とても切なく感じていました と答えたチャンミン
  
  ちゃみまで沈んだらゆのがもっと辛くなるってわかっているんだろうな、
 どんな慰めよりゆのの最強の処方箋だと思う。

  

*どうしてもユンホヒョンが悲しくなっているチャンミンは ユンホが自分の状態を説明するときに
  ずっと アイゴアイゴ (韓国語で切ない時とか 残念な時に出す声の表現) と言っていた

ひょんが切ない2



*ユンホは怪我した時痛かったけど いいかなと思ったら 思ったより足が膨らんでて
 熊の足みたいに大きくなっていたと めっちゃ痛かったのに我慢できましたか?と言ったら
 周りに見る目が多かったからなんとなくアハハハと冗談しながら笑ってくれた

 今迄から心配したことはいっぱいあったけど決して見せなかったゆのが休んだんだから
 よっぽど痛くて周りも驚き大変だったんだと。。。。


*ラジオが終わって外に急いで出ているチャンミンがユンホの松葉杖を持ってきた
  それを背中を回しながら見ていたユンホはチャンミンが現れたらさやかな笑顔を
 チャンミンに見せてくれた気がするから
 ♥最後は10年間相変わらずの台本片付けするチャンミン

*終わる頃に ユンホは最後までかっこいい姿で活動終わらせなくって残念ですと言ってくれてた
 最後の挨拶でもチャンミンは みんなユンホのヒョンが早く治せますように
 応援よろしくお願いしますと伝えてくれた

*ゆのはいつもチャンミンは優しいって言うけど、本当にそれで、優しさの塊だ
 わかる???2人の絆



ひょんみんな心配してますよ2
ヒョンみんなに2
カムサムダ2
僕がいますから2


かけがえのない存在は、普段は当たり前のように近くにあって気づかないものだけど

そして、それに気づくまでには見失ったり、時間がかかったりもすることもあるけれど

一度、気づいた時その存在は今までにもまして一層かけがえのないものになる。


ANANhomin2.jpg


ちゃんみ~ん!! 

ひょんが無理しないようにゆのヒョンのお世話をお願いね!




ちゃんみんを愛し応援しています飛ぶ
   お手数ですがちゃみ活参戦皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~!


スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://daiki305.blog137.fc2.com/tb.php/2493-fc5335df

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫