東方神起ツアーDVDを観るとハッとしてグッときて涙があふれてしまうようだ。

 2014-08-26
みなさまアンニョン~今週は東方の話題が目白押し

昨日の雑誌に続き今日はそろそろ来そうなツアーDVDの記事

この記事を読んでいくうちに書かれた方の思いに触れて思わずグッと涙をこらえた。

今は、まだ泣かないぞ。

発売前の雑誌の方達の言葉もそうだけどDVDを一足先に見られたこの方達も

どうも、東方神起の木の下に集まった方たちは老若男女の区別なく

東方神起の魅力と二人の人柄にいつの間にか魅了される方が多いようだ。



聞かせるのも大事かも知れないけど
歌って言うのは
(画像と記事は関係ありません)


【東方神起】「TREE」ツアーDVD、観ると涙があふれてしまうワケは?
【ネタばれ】

2014年8月25日 元記事:by 韓流ぴあ

東方神起の全国アリーナ&ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2014 TREE」の模様を
収めたDVDとブルーレイがいよいよリリース! 一足先に試写したスタッフが見どころを語る!!


新アルバム『TREE』を引っさげ、今年4月の神奈川・横浜アリーナを皮切りに
6月の京セラドーム大阪まで全国11か所29公演で約60万人を動員した
東方神起の全国アリーナ&ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2014 TREE」。
同作のDVDとブルーレイが、今月27日にいよいよリリースされる。

収められるライブ本編は、ツアーの折り返し地点を少し過ぎた5月の東京ドーム公演。
メドレーを含む全26曲約3時間、熱狂に沸いたライブの模様をたっぷり楽しむことができる。

そして、DVD3枚組の初回生産限定盤には、ライブ本編に加え、
ボーナス映像としてMC場面も。さらに、アリーナ公演の大阪城ホールのダイジェストや
各地での公演のMCダイジェストなども収められている。

なかでも注目はやはり、初回生産限定盤の3枚目に収録された
ツアーのメイキング・ドキュメンタリー。華やかな表舞台の裏側を収めた映像は、
ファンならずとも一見の価値ありだ。

東方神起という木の下に集う、老若男女の満開の笑み――
きっと、冒頭から涙があふれてしまうことだろう。



人間としての生々しさもさらけ出す

ふたりのそれぞれのインタビューを挟みながら綴られる、リハーサルの様子や、
ステージに立つ直前の姿、スタッフとのやりとり、リラックスした姿など、
ふたりの様々な表情・言動に、時間を忘れて引き込まれてしまった。

リハーサルに臨むその目は真剣そのものだし、ステージの総合プロデュースを務める
サム(TRF)と意見を交わす積極的な姿勢は“仕事人”。
ある場面で、チャンミンは主張する。そして、本音を漏らす。
冷静で、淡々とした、表側で見えるのとは違う温度をもったチャンミンに、ハッとさせられた。
そして、当然ながら、ずっと大人になったのだと、チャンミンを頼もしく思った。

そして、ユンホが語る、ユンホにとってのチャンミン――チャンミンとの関係性もまた、グッときた。
人生において、こんな風に感じられる“パートナー”に出逢える人はそういない。
ユンホがうらやましい。さらに、チャンミンが語るそれもまた然り。
9周年を迎えたお祝いの様子もあいまって、スタッフ、バンド、ダンサー、
みんなひっくるめた“チーム東方神起”との間に流れる空気に安心感を覚えると同時に、
やはりうらやましさを感じた。

ここまででもかなりのものだが、さらに人間としての生々しさもさらけ出している。
ユンホもチャンミンも、思うように出来ないことに対しての、自分への苛立ちや
もどかしさ、悔しさをにじませる。それは、真剣だからこそのものだ。

また、たった2か月ほどで行った29公演。
どこかで手を抜いたり、怪我をしてもおかしくない。ユンホはツアーの前にじん帯を損傷した。
だが、いつも全力で一切手を抜かず、甘えというものが感じられないステージを見せた。
ユンホだけでない、もちろんチャンミンもだ。

なぜか?その答えは、このドキュメンタリーの中で語られている。

ふたりの夢と京セラドーム大阪でのコメント

最後に、ふたりは“夢”を語る。ずっとステージに立つことを夢見ていたユンホと、
見いだされてスポットライトを浴びることになったチャンミン。
“表裏一体”という言葉がぴったりのふたりが語る夢さえも、“らしさ”にあふれていてまたグッときた。


チャンミン「夢を作ってくれたのが、僕にとってはファンの皆さんです。東方神起というチームに入って、いつからか、もうちょっと良いライブを聴かせたいなと思う今までには無かった夢が出来たと思います。」


締めには、ファン待望の京セラドーム大阪公演のコメントも収録されている。
本サイトのツアー・レポートでは文字でしか伝えられなかったコメントを、
ふたりの表情、言葉のトーンやピッチまで確かめ、温度を感じてほしい。
あふれる気持ちを感じとってほしい。

ドキュメンタリーを観終えた後、表舞台となる本編をもう一度観てみた。
本来は裏側は見せないものだから、初見とは違う感じ方になったけれど、観てよかった。
このDVDまで含めて「TREE」という作品だった。
いま、本当にツアーが終わった。



TohoTreeTour from
TohoTreeTour from 13
DVD27発売
kiltuto.jpg
(画像と記事は関係ありません)




実力があるからこそ、彼らの歌を耳にする機会さえあれば、
彼らのパフォーマンスを目にする機会さえあれば、
その魅力に惹きつけられてしまう人が多数いるのだ。
      *ARENA37℃ 2009年4月号


東方神起は「歌って良し、踊って良し、人柄も良しのユンホとチャンミン。
27日発売の「東方神起 LIVE TOUR 2014 TREE」DVDを見れば
なぜ、こんなにも東方神起に惹かれるのか、こんなにも虜になるのかきっと見える。
早く観てみたいねぇ~これを観ないことには私のツアーも終わらない。




くからどうgif
いつも訪問ありがとうございます。
コツコツとちゃみ活参戦中皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~。

スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://daiki305.blog137.fc2.com/tb.php/2669-236b668b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫