「東方神起」ユンホとチャンミンが証明する東方神起の価値

 2017-04-30

「東方神起」ユンホとチャンミンが証明する東方神起の価値

出処;WoW!Korea 4/29(土) 21:02配信

*特級戦士ユンホ




「東方神起」ユンホとチャンミンが証明する東方神起の価値

「東方神起」は軍服務までも模範的だった。(提供:news1)

 軍服務までも模範的だった。
ユンホとチャンミンが、2年間の空白期間に誠実な態度で義務を果たしたことで、
今後「東方神起」が見せてくれる姿に対していっそう高い期待をせざるを得ない。
ユンホは、20日に陸軍の現役で服務を終えて除隊した
8月18日には、機動警察として服務中のチャンミンの除隊が待っている。
東方神起のふたりのメンバーが再び団結するまで約4か月が残っている。

ユンホとチャンミンは、最高の位置にいながらも謙遜な態度と絶え間なく努力する姿勢、
変わることなく高い水準のパフォーマンスと成長を繰り返す歌の実力などで
たくさんの歌手の模範となっている。

今年デビュー15周年に向けて駆けているふたりは、同じ位置に留まらない
プロフェッショナルな姿で後輩歌手のロールモデルとして十分な要素を備えている。

アイドル歌手という面だけでなく、人間性に関する部分も同様だ。
服務中にもあちこちから聞こえてくる目撃談や後日談から、
ふたりの普段からの姿勢がどれほど模範的なものなのかを知ることができる。

歌手としてデビューして最高の位置に登りつめたのだから
自らに陶酔してもおかしくないが、変わらず人格的な姿はフ
ァンにとっては明らかに自慢の種だといえる。

「東方神起」という名称は、ずいぶん前からトップにいるアイドルグループの代名詞になっている。
それほど「東方神起」という名前の重みはすごい。
ユンホとチャンミンは、このような「東方神起」の価値を長い期間守って来た。
歌手として、ひとりの人間として誰もが認めるふたりが再び団結する日が待ち遠しい。




軍服務中であるアイドルが持っていた本
[チャルチュプ]2017-04-27
軍服務中にも読書を怠らないアイドルがいます。
それは東方神起チェガン・チャンミンです。

20170426.jpg

チェガン・チャンミンは去る26日ソウル、三成洞(サムソンドン)、
貿易センターでソウル警察団広報コンサートに参加しました。
彼は公演を終えて部隊に戻りましたが。

ツイッターユーザーがチェガン・チャンミンが持っていた本に集中しました。
本の内容はジェレミーワールド論の「嫌悪表現、自由はどのように害悪になるのか」でした。

本にはどんな内容を含んでいるのでしょうか?
人々が知らず知らず使う嫌悪表現に対して詳しく含んでいます。
また、嫌悪による名誉毀損と人間の尊厳性に対しても書かれています。

彼は“最近嫌悪関連殺人事件が起きるなど嫌悪表現が社会問題の
核心単語に浮び上がった”として
チェガン・チャンミンが軍服務中にも社会イシューに関心を持って、
付箋を付けながらも読んでいるというのがすごいと評価されました。

一方チェガン・チャンミンは現在のソウル地方警察庁で医務警察で服務しています。
来る8月18日除隊を控えています。





東方神起の「PRIDEと誇り」をどこにいても守り続けてくれているのはこの二人。

そしてファンへの愛も約束も忘れないのもこの二人。

ゆのとちゃんみん。東方神起。



約束だよ3775


20140808gif.gif
いつもお訪ねいただきありがとうございます。
ちゃみ愛増々沸騰中!!
今年も皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~。



スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/04/30 10:27】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://daiki305.blog137.fc2.com/tb.php/3328-dbc1df5b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫